banner-jp.jpg
このブログ「キャンプ場を造ろう!(キャンつく)」で
公開している整備日記の主役である
キャンプ場をフィールドとして
個人・団体向けにプライベートキャンプ場を提供しています。

2010年08月07日

MSR Hubba Hubba

8月に「キャニオニングしてキャンプしよう」とい企画に参加させて頂いた時に
携行したテントはMSR Hubba Hubbaです。

DSC00080.JPG

Bivy が硬派でかっこいいな、という思いとは裏腹に 2人用のテントを買っていました。

とにかく設営が楽なので、ここ数年登山から遠ざかっていますが、テン場でマットだけ
出してひっくり返えりたくなるくらい疲労していても、気力で設営できそうです。

Bivyに慣れた体に、これ以上何を望むの?というくらいの移住性の良さです。
15年前に重いテントを背負っていたので、重量に文句なんてありません。

フライだけで簡易シェルターとしても活用できるようです。
2011 MSR の新ラインアップにHubba Hubbaなどに前室を追加できるGear Shedが発売され
るようですね。

300-MSR-Gear-Shed-Floor-Detail_l-p.jpg

日本でも発売されるのでしょうか。そして、色展開が気になりますね。

footprintって昔からありましたか?
その存在すら知らなかったので軽くカルチャーショックを受けた2010年夏でしたがく〜(落胆した顔)


posted by キャンつく at 00:00| Comment(2) | 備品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

斧刃と柄の結合とその後

KVキャンプ場の薪割り用斧を手に入れようと斧の「刃」だけはY!オクで
落札しておりました。

そして、柄については金像印を入手し結合を儀式を執り行ったのが
今年の2月くらいでしょうか。。

DSC08932.JPG


柄のヘッドを斧刃の穴に合わせて削る必要がありました。
削り過ぎには要注意です。何度も仮組みしながら削りましたが、結合す
るまで3-4時間かかったと思います。

斧工場では、油圧プレス機で柄と斧ヘッドを結合させているようです。
そんなマシーンを持ち合わせているわけではありませんから、自力で
済まそうと思ったのが甘かったのだと思います。

斧との格闘は良い思い出なわけですが、KVキャンプ場に搬入したのが3月です。

気候が温暖になるまでの間は出番はなく、KVキャンプ場の本格シーズン到来に合わ
せ初登場は7月となってしまいました。

見ての通り、しっかり仕事をこなしてくれました。

DSC00032.JPG

内心、斧ヘッドがすっ飛んでいかないか心配だったのですが渾身の一振りを
しても金像印の柄にしっかりと収まっていました。

気候が温暖になるのを待ったとはいえ、炎天下での薪割りはとてもサディスティック
な行為であることを思い知らされました。

2011年は春に薪割りをしよう。
posted by キャンつく at 00:00| Comment(0) | 備品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

Marmot Mesh Bivy

すっかり寒くなりましたが、涼しいMarmot Mesh Bivyの使用感想です。
basegearのセール品だったので80ドル(送料別)くらいでしたでしょうか。

夏休み開始の7/22の写真です。

DSC00027.JPG



KVキャンプ場はすでに夏真っ盛りでした。
もともとソロ好きだったので、
キャンディー作りの面倒くささ
・その頭上の息苦しさ
・出入りのし易さ
・でもテントより(大きさ・値段は)手軽がいい
というポイントがBivy購入動機となりました。

頭上の息苦しさについては、ポールでクリアランス取れるモデルが必須です。
そして、メッシュ生地がちょうど足の親指を支点とせずに済むよう、全身す
っぽりクリアランスを確保したい、ということで足元部分もテンションかけ
て浮かせられるものを探しました。

それが、Marmot Mesh Bivy という選択になったわけです。

実は 1 person用のテントでも良かったことに後から気が付きました。
フライをはずせばほぼ同じですからね。
それに気が付いていれば、もっと選択肢が広がったのですが、気がつくまでに
時間がかかってしまいました。

先程の写真は初張りの図です。足元のガイラインはクワにくくりつけてます。

これで快適なはずでしたが、海沿いのKVキャンプ場は昼夜の湿度差が大きいせい
か、朝は天からの露がBivy内部のシュラフや顔面ダイレクトに降りてきます。

屋根となるタープを天とBivyの間に挟むべきでしたね。

真夏のKVキャンプ場はフルメッシュなテントが良いですね。
debug nest(net)でもいいですね。
でも、空との間はタープでもブルーシートでもいいので挟むと良いです。

Outdoor Research の Bug Bivy Bag も涼しげですね。

bug-bivy-bag-sack-or.jpg
posted by キャンつく at 00:00| Comment(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

「GO OUT」とtempra garage軍団&岡部さんがやってきた!

先日のGO OUT tent style collectionで知り合ったtempra garageの土屋氏
とその仲間達のレアなコレクションでKVキャンプ場を埋めつくしてもらおうと挨拶
させていただいたのがきっかけで

アウトドアファッション盛り上げ立役者的な雑誌「GO OUT」、そしてその誌面を
にぎわすスーパースター軍団が来場されたのでした。

数日前から晴れないわけがない天気図を見ながら、前もって海遊び道具は絶対
持って来てくださいね、と連絡をしたりしながら当日を迎えました。

時間通りに出航!

[船でキャンプ場へ]

DSC00628.JPG


波は穏やかで、船長さんの取り計らいもあって海食洞窟付近まで遊覧しながらキャンプ場へ向かいました。

[海食洞窟全体]

DSC00633.JPG


[至近まで接近]

DSC00645.JPG



入場後は簡単に場内説明をさせてもらった後、設営へ。

待ちに待った瞬間でした。レアなテントが次から次へと設営されていきました。
詳しくは今月6月30日(水)発売のGO OUT別冊に紹介される予定ですから、楽しみにしたいと思います。

[設営全体象]

DSC00671.JPG



設営で汗をかいたら海に入りたくなりますよね。
今回は私も場内整備そっちのけでいっしょに海へ繰り出しました。
GWと比べると魚影も濃くなっており、大きな魚も回遊していました。
これからもっと増えてくると思います。

DSC00766.JPG


DSC00911.JPG


そうこうしている間に夕陽の時刻に。KV名物である夕陽を見ないわけには行かないですよ!と展望ポイントへ全員で移動わーい(嬉しい顔)

夕陽が沈んだ後(も)釣りへ向かった岡部さん
いいサイズのメバルを釣り上げていました。煮付けにして食べたようです!
※写真撮ればよかった!

[夕陽を眺めるみなさま]

DSC00729-2.JPG


DSC00725.JPG


↓↓↓↓ブログ紹介ありがとうございます!!

posted by キャンつく at 17:14| Comment(1) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

m0r1katuさん御一行が来場!

デザイナー
アウトドア道具ブロガー
アウトドア記事ライター
フリスビー伝道師

いくつもの顔を持つm0r1katuさんが、山岳仲間の方々と私たちの一組限定プライベートキャンプ場へ来場されました。

今回は私も船でキャンプ場に向かう場面から同行させてもらいました。

[船がくるまで釣り: いきなりカワハギを釣り上げびっくりわーい(嬉しい顔)]

DSC00197-1.JPG


[ちょうど雨も止み、乗船場まで荷物運搬]

DSC00210.JPG


[20人でも余裕で乗れる艇]

DSC00235.JPG


[目指すキャンプ場はどこ?]

DSC00252.JPG


[赤丸部分がプライベートキャンプ場です]

DSC00257.JPG


[無人島のようなロケーション]

DSC00269.JPG


[乗船時間は約5分ほどで到着。いよいよ入場です!]

DSC00276.JPG


[設営後のランチタイム風景]

DSC00297.JPG


[シェルタでの簡易宿泊スタイル]

DSC00302.JPG


[一組限定なので場内すべてのスペースが使えます]

DSC00588.JPG


釣り、磯遊び、足だけ浸かってビール、朝起きてビール、フリスビー、スラックライン、素潜り、昼寝、焚き火、写真撮影

誰にも邪魔されない自由な時間を過ごされてました。

「もっと居たい!!」
一番うれしい一言が聞けてうれしかったです。
次回いらっしゃる時は連泊プランでお越しくださいわーい(嬉しい顔)

↓↓↓ ブログ紹介ありがとうございます!!


posted by キャンつく at 02:09| Comment(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary
RSS 2.0
track feed
自動相互リンク BUZZ LINK(seesaa版)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。